やきとりの缶詰で簡単親子丼!【キャンプ飯】

スポンサーリンク
キャンプ飯

こんにちは。けーしーおみです。
キャンプ飯を作る時って、結構な頻度で缶詰を使いますよね。手軽で便利で美味しいのでアウトドアにはもってこいの食材です。今日はそんな缶詰レシピのお話です。

私はいろんな缶詰を使って炊き込みご飯をよく作ってます。特に鯖缶、やきとり缶などが使いやすくてオススメなのですが、今回はやきとりの缶詰を使って親子丼を作りました〜。
とは言っても、メスティンでご飯を炊いて、親子鍋を使ってやきとりの缶詰と玉ねぎを卵でとじるだけの簡単メニューなんですけどね。

やきとりの缶詰を使って親子丼を作る様子をYouTubeに公開していますので、併せて見ていただけると嬉しいです。

【キャンプ飯】やきとりの缶詰で簡単親子丼!【メスティン】

↑赤いボタンを押してチャンネル登録をしていただけますと励みになりますので是非よろしくお願いします。

やきとりの缶詰で親子丼

まずはやきとりの缶詰を1つ用意します。あと、親子鍋も用意しましょう。親子鍋は百均にも売ってますので1つあると便利です。アウトドアでも簡単に親子丼が作れるのでオススメですよ。

百均で売っている親子鍋

最初にメスティンでご飯を炊きます。エスビットのポケットストーブと固形燃料を使って、いわゆる「ほったらかし炊飯」です。

ご飯が炊けたら蒸らしタイムに入りますので、蒸してる間に親子丼の具材を作りましょう。
具材は玉ねぎとやきとりの缶詰、卵だけのシンプルな親子丼です。

私は、ここでめんつゆを20mlほど加えました。こうすることでコクが出て美味しくなります(多分)。
そして、卵でとじましょう。う〜ん、ウマそうだ。

メスティンで炊いたご飯の上にとろ〜っと被せたら「やきとり缶の親子丼」完成で〜す。美味しそうでしょう?

ここだけの話

親子鍋を使う時に最初はシングルバーナーやグリルカマドに乗せてやろうとしたのですが、親子鍋の底の形状が湾曲しているため安定しませんでした。そこで活躍したのがこのアルコールストーブです。

このアルコールストーブの五徳の形状と親子鍋の形状がちょうど良き!
鍋を五徳に乗せてもグラつかず、火力も充分だったのでとても調理しやすかったです。この組み合わせはオススメですよ!

あと、今回の親子丼ですが、メスティンだけで完結させることも出来たと思うのですが、今回はより「どんぶり感」を出したかったので敢えてご飯(メスティン)と具材(親子鍋)の道具を分けて作りました。実際にアウトドアで作る時は親子鍋の分、荷物が増えますが鍋自体は軽いですし、作るのもそんなに面倒ではありませんので興味があれば是非やってみてくださいね。

缶詰ってアイデア次第で色々なキャンプ飯が作れるので万能ですね。缶詰レシピ最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました